株と女と鬱病と 器の小さい男?
 

株と女と鬱病と

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

器の小さい男?

来月、結婚することは以前書かせて頂きましたが、それに伴い嫁となる彼女は3月末で今の勤務先を退職し、4月から別の会社に転職予定でした。

なのですが、実は先月末に資格の関係で内定を辞退せざるを得ない状況となってしまい、急遽また転職活動を再開する羽目になって現在も活動中です。

ですがですが・・・その姿勢がどうも呑気というか、4月まで1か月強しか無いというのに切迫感が感じられず、曲がりなりにも転職活動経験者としては時には苛立ちさえ覚えてしまいます。お前が焦ってどうするんだって言われそうですけどね。

そのせいか何なのか、結婚前の時期にも関わらず私自身が今ひとつ気持ちを盛り上げることができず、このままではいかんな~と思う今日この頃です。

とは言っても、私自身、精神疾患の前歴持ちであることを包容して貰っており、仮にこのまま彼女が無職になったとしてもあんまり偉そうなことは言えないんですけどね。別に食うに困るほど収入が少ない訳でもないですし。

女性に相談しても100%私が批判されるだけですけど、男性から見てもやっぱり器が小さいと思われるもんですかね?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

器のサイズ

結婚の直前に転職とは、さぞかし忙しそうですが、
切迫感が感じられないのは、いざという時には
大森さんに頼れるという気持ちの表れなのでは
ないでしょうか。

でも女性は、人によっては心変わりが早いもの。
男性としては、少なくとも結婚までは、器が大きい
ところを見せておいたほうが良いかも知れませんね。

ところで、資格の関係で内定を辞退せざるを得ない
とは、資格を取得しないと希望する仕事に就けない
という意味でしょうか?

捲土重来 | URL | 2013-02-21 (Thu) 20:12 [編集 ]


Re: 器のサイズ

>捲土重来さん

私に頼ってくれるのは良いのですが、どうも本人がお金に執着無さ過ぎてちょっと今後が心配になったりもします。貯金とかちゃんと出来るのかなと・・・

元々、教職に就く予定だったのですが、教員免許関係の単位取得に不備があったことがつい先月末になってようやく発覚したので、こればっかりはどうしようもないですね。

大森孝律(おおもりたかのり) | URL | 2013-02-25 (Mon) 16:07 [編集 ]


金銭感覚

お金に執着が無さ過ぎて、それゆえに、株で損したことを
許してもらえるという面もあるかも知れませんが、
やはり、結婚生活を継続するためには、金銭感覚の一致は
重要でしょう。
とりあえず、結婚前に、家計の管理についてどのように
進めてゆくのか、話し合っておいたほうが良いのでは
ないでしょうか。

ところで、就職試験の際、成績証明書を提出している
でしょうから、その時点で、受験した会社側で
単位取得に不備があることは確認できたはずですが?

捲土重来 | URL | 2013-02-25 (Mon) 20:28 [編集 ]


Re: 金銭感覚

>捲土重来さん

株の損を許して貰えたって一面は確かにありますね(笑)
出自からすると同じような金銭感覚になりそうなのに細かいとこは微妙に価値観が違いますね。

就職の件は少しレアケースで、今年度新たな免許を取るために大学に通ってたのですが、履修する授業が間違ってたため、教育委員会に免許を申請する段階まで気付かなかったとか。
普段しっかりしてるだけに、この大ポカには私も崩れ落ちました・・・

大森孝律(おおもりたかのり) | URL | 2013-02-25 (Mon) 21:50 [編集 ]


再就職試験

そうすると、就職試験の時は、○○免許取得予定という形で
受験申込みをされたということでしょうか?

受験者の採用資格を十分確認できずに内定を出した会社側にも
少しは責任を感じてもらいたいところですね。

捲土重来 | URL | 2013-02-26 (Tue) 01:37 [編集 ]


Re: 再就職試験

>捲土重来さん

教員採用という特殊な業態だっただけにその辺のチェックは曖昧だったのかも知れませんね。同じように新卒採用でも履修ミスで採用取消になるケースがたまにあるようです。

まあ、履修する授業を間違えたのがそもそもの原因で、非はこちらの方が大きいし先方にも迷惑掛けてるんですけどね。どっちにしろ難儀な話です(苦笑)

大森孝律(おおもりたかのり) | URL | 2013-02-28 (Thu) 23:07 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。