株と女と鬱病と 衆議院選を経て
 

株と女と鬱病と

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院選を経て

取引を止めてからも以前関わってた銘柄の値動きは見てしまうというのが負け犬ギャンブラーの性というか何というか。

ちょっと前まで倒産を織り込んでボロ株化してた東電とシャープが衆議院の解散・総選挙を経て吹き上がってますね。

東電は「10年塩漬け覚悟で持ってりゃ流石に上がってるだろう・・・」、シャープは「50円切ってる今の内にCB買って償還まで待てば倍付け・・・」なんて2週間ぐらい前に考えてましたが、結局手を出せず。

・・・・・やってりゃ今頃どっちも早くも2倍以上じゃねーか!!!
今年の勝負運はカス以下かヽ(`д´)ノウワァァーン
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

年末はチャンス?

東電とシャープは吹き上がりましたが、年末は
海外投資家がお休みで、多くの個人投資家が参加する
東証二部・新興市場が活況になると云われているので、
これから吹き上がる中小型株が出てくるのでは。

”…、結局手を出せず。”ということは、
いくらか資金は残っているということでしょうか?

捲土重来 | URL | 2012-12-18 (Tue) 21:26 [編集 ]


>捲土重来さん
一応、損した金額と同じぐらいの蓄えはまだあります。
しかし、これに手を出して失ってしまうと本当に素寒貧になってしまうので何も出来ずに見過ごしてます。
いつかリベンジしたいんですけどね~。

大森孝律 | URL | 2012-12-21 (Fri) 12:16 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。